任意整理とは?

 

任意整理とは?

任意整理とは裁判所を通さずに、弁護士が直接債権者と交渉し、和解する手続のことです。借金問題の大半は、この任意整理で解決できます。

まず、弁護士から通知を発送いたします。この時点で債権者からの請求がストップします。その後、開示された取引履歴を利息制限法に基き再計算します。その後、依頼者の方と返済計画を立てていきます。

依頼者と可能な返済計画に従い、債権者と交渉致します。月々の収入から無理のない返済が可能になります!※約3~5年で完済出来るのを目標にします。弁護士がすべて行いますので、難しい書類作成や、債権者との交渉など一切する必要はありません。

なぜ借金が減るかと云いますと、弁護士に任意整理を依頼しますと、これからの支払を原則利息0%で交渉いたします。そのためきっちりとして返済計画をたてることができ、元金を減らしていくことが出来るので、無理なく返済を完了することができるわけであります。

これまでは、毎月返済しても利息ばかりで元金が減らなく、返済のためにまた借金をしてしまうという多重債務状態に陥っている方も少なくありません。

弁護士に依頼されますと、すべての業者と弁護士が交渉いたしますので、多重債務を一括して交渉できるので、依頼者の方の精神的負担はなく、安心して債務整理をすることが出来ます。

任意整理は裁判所を介さずに行いますので、自己破産等と比べて比較的短期間で債務整理が完了するのも任意整理の特徴でもあります。

任意整理を行うことで、職業の制限や、不動産の処分等をする必要がなく、現状維持での債務整理が出来るのもメリットであります。


≪事例紹介≫

「月々1万円の支払いで完済」(任意整理)

【相談内容】

Bさんが5社(以下、A社~E社と言います)の債権者に対して計400万円の借金があり相談に来られました。

【こうやって解決!!】

引き直し計算をすると、次のような結果になりました。

当初の債務額 引きなおし後の債務額 過払い返還金

  当初の債務額 引き直し後の債務額 過払い返還金
A社 90万円 20万円  
B社 100万   30万円
C社 80万円 40万円  
D社 60万円 40万円  
E社 70万円   10万円


5社の内、2社からは過払金を回収することが出来、残る3社は債務が減少したがまだ残額があるという状態になりました。

B社とE社より取り返した過払金をD社の返済に充てました。残るはA社とC社です。

この2社と分割弁済の話をしA社とは月3500円×55回(計19万2500円)、

C社とは月6500円×55回(計35万7500円)という話で和解出来ました。

毎月1万円ずつの支払いで完済出来るようになったのです。

 


神戸で債務整理相談ホーム