トップページ > お知らせ一覧 > 【よくある質問】どうしても生活がくるしい場合

【よくある質問】どうしても生活がくるしい場合

2018/06/28(木)
破産手続きのなかで、よくある質問で、「どうしても生活が苦しいので、親からお金をかりてもいいのですか」という質問を受けます。債務整理で弁護士が介入した後は一切の貸し借りはすることができません。それが親兄弟であっても借りることはできません。しかし、借りるのではなく、生活費の足りない分を援助として受けることは可能です。