ブラックリストとは

債務の支払いが滞った場合、「ブラックリストに載ってしまう」という話を聞いたことがあると思います。このブラックリストとは、法律用語ではありませんし、金融業界においても、ブラックリストというリスト自体が存在するわけでもありません。一定期間支払が滞ったり、破産したりした場合、その事故情報が信用情報機関に登録されてしまいます。この事故情報が登録されている状況を、「ブラックリストに載っている」と表現しているのです。

さて、ブラックリストに載ると、当然ながら新たな借り入れができません。新規にローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできません。
ブラックリストへの事故情報の登録期間は、信用情報機関により区々ですが、概ね5年間の信用情報機関と10年間の信用情報機関に分かれるようです。

自らがブラックリストに登録されているかもしれないとご不安な方は、信用情報機関に対して開示請求をすることによって確認が可能です。該当の有無及びその内容につき、書面で開示を受けることができます。各種信用情報機関により手続き(必要書類・手数料)が異なりますので、事前に確認されることをお勧めします。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/

株式会社日本信用情報機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/

なお、身に覚えのない延滞情報が登録されているため、住宅ローンが組めないといったご相談も時折いただきます。詳しいご事情をお聞きして対策を検討する必要がありますので、当事務所までご連絡下さい。